[Munini Style.]
[掲示板21/07/26 02:32] [Profile] [お問い合わせ]

“PC” で絞り込み中

dynabook Satellite B452/FのWindows10をWindows11へアップグレード [非対応環境]

当然のことながら、このPCはWindows11の必要条件を満たしておりません。(TPMとCPU)
さらにレガシーブート状態です。(MBR)
メモリは8GB、SSD 120GB。

rufusでチェック迂回するUSBを作りまして、そこからアップグレードしました。
クリーンインストールは試していませんが、Win10からのアップグレードはレガシーブートで行けました。
アップデートには2時間ほどかかりました。



Teamsが消しても消しても出てきたり、アプリがアンインストールできなかったり…
安定して使える気がしない。
Windowsセキュリティも見当たらない…
クリーンインストールするべきでした。
あと、BitDefender Free版とも相性悪い感じがします。


Windowsセキュリティ動かない場合、powershellにて(私は管理者権限でやりました)
Get-AppxPackage Microsoft.SecHealthUI -AllUsers | Reset-AppxPackage

起動もしないアンインストールできないアプリがある場合は、ストアからアプリ名で検索してインストールすれば、削除なり使うなり出来るようになります。
Win10からのアプデの弊害だと思いますが、アプリがないのにメニューにだけ存在してる謎現象が発生しています。
スタートメニューに残ってるアイコンを右クリックして詳細→アプリの設定とたどって、修復ボタンでも直るかもしれません。

Teamsの削除 powershellにて
Get-AppxPackage MicrosoftTeams | Remove-AppxPackage

Teamsが復活する…
https://munini.622style.com/e/?1818
PC:ハード関連

ZEROスーパーセキュリティ

インストールしました。
ソースネクストアップデートとVPNは速攻でアンインストールしました。

ZEROスーパーセキュリティを起ち上げて、マイアカウント → スーパーセキュリティ セントラルを開くといくと、PC情報が見られますが、どういうわけかVMWareのMACアドレスを見ているようです。
当然、VMWare上の仮想PCにインストールしたわけではありません。
なので、今後、入れ替えたときにライセンス認証が切れる可能性が…



ZEROスーパーセキュリティをインストールする場合は、VMWareはアンインストールしてからインストールするのが安全かもしれません。

実際にどうなるかは解りませんが…
これでライセンス認証できなくなった場合は、ソースネクストに抗議したいと思います。
流石にMACアドレスだけで認証してるとは思えませんが…

動作に関してはESETの方が軽かったと感じます。
使用状態が固まったPC(ノートPCとかソフトの入れ替えがほぼ無いとか、買い換えでサブに落ちたPCとか)なら良いですが、購入直後の試行錯誤中のPCに入れたりすると面倒なことになりそうなので、あまりお勧めは出来なさそう。

正直なところ、FW無いことを除けばBitDefender Free版で良さげ。

VMWare上のLinuxのブラウザでの閲覧でもブロックしてくれてました



ファイル共有で自分のPCが表示されなくなりますね…
手動で指定すればアクセスは出来ますが。
対処法不明。
他のPCからは見えるので困りはしないとは思います。


おまけ
過去に「スーパーセキュリティZERO」を使っていた場合、「マイページ」の「お持ちの製品一覧」から「スーパーセキュリティZERO」を選んで「追加購入サービス」から購入すると、そこそこお安く購入できます。
ZEROスーパーセキュリティの追加購入価格より安いです。
https://munini.622style.com/e/?1817
PC:ソフト関連

レガシー(MBR)からUEFI(GPT)へ

ブートドライブからすべてMBRの私…
SSDを載せ替えるついでにUEFIでブートするように変更することに

調べるとコンバートがどうとか有りましたが、そういうのは一切使わず、TrueImageと力業で入れ替えました。(TrueImageはSSD/HDD付属の機能制限版でも大丈夫だと思います)
尚、セキュアブートはOFFにしてあります。
※ SSDにはWindowsの入ったCドライブしか有りません(見えるドライブのみ)。こちらはMBRとなります。

  • 新しいSSDをPCにつないでGPTで初期化しておく
  • 使用中のSSDをTrueImageでまるごと(Cドライブだけでも良い)バックアップして、新しいSSDと入れ替える
  • 新しいSSDにWindowsをクリーンインストールする(もちろんUEFIで)
  • 新しいSSDのCドライブに、旧SSDのCドライブのバックアップを復元する(Cドライブ以外の普段見えないパーティションは復元しない事)
  • デフラグ、復元ポイント、仮想メモリの再設定(同じ設定のままでも再設定すると良いと思います。特に後ろ2つ)

とりあえず、これで動いてます。
Windows10のライセンス認証も外れていません。

今回はAdata SU650 → Crucial MX500(楽天市場)(2021年11月に購入)にしました。今は高いですね…
載せ替えようと思ってから実行まで半年かかりました。

お次はセキュリティソフトをZEROスーパーセキュリティ(楽天市場)にする作業が…(これはまた後日)
https://munini.622style.com/e/?1815
PC:ハード関連
[Amazon] 自律神経にやさしい音楽 [CD]
[Amazon] 自律神経にやさしい音楽 [CD]
[Amazon] 自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント [CD]
[Amazon] 自律神経を整える。~心と体のためのメンタル・トリートメント [CD]

アーカイブ